村中隆洋プロフィール

大手学習塾で約15年の勤務を経て、現在も私立高校の英語講師として指導。

大学受験に通用する学力と学習習慣を、中学3年間で身につけることを目指しています。


昭和48年4月1日小松市生まれ。

市立中海中学校→県立小松高校→国立帯広畜産大学。

 

文武両道をモットーに高校時代はボート部、大学時代は馬術部で全国大会に出場。

大学時に個人で国体出場、団体では全国3位となり主将として表彰台に上がる。

大学卒業後は、アメリカ中西部で1年間のファームステイ留学。

アメリカの広大な大地で現地の人と共に働き、語学と働く意義を学びました。

 

帰国後は大手学習塾で約15年間、小学生から高校生まで幅広い学年を指導。

多くの生徒を難関大学に合格まで導きました。

地元小松に戻り、郷土の歴史と自然の素晴らしさを再認識。

あらゆる経験は人生を豊かにし、人を成熟させることを強く実感してます。

子供たちに勉強は本来楽しいものであること、学ぶことの喜びを伝えます。

大学3年生の秋、北海道代表として国体馬術競技に出場