石川県高校入試対策

公立高校入試本番まで1ヶ月でするべきことは、主に3つあります。 ①実力テスト、模試の解き直し ②高校入試対策テキスト(整理と研究など)の解き直し ③石川県公立高校過去問 大切なのは、「自分の学力」と「目標点」に合わせた学習内容を無理せずに勉強することです。...
「敵を知り己を知れば百戦危うからずや」 向かう相手の実情と自分の実力を正しく知ることで、負けない戦い方ができる、という意味で、 有名な孫子の兵法の1つです。 これは高校入試にも当てはまります。 向かう相手の実情とは、もちろん「入試問題の傾向」です。 自分の実力とは、もちろん「自分の学力」です。...
石川県公立高校入試英語の大問2は、去年2023年度より出題形式が少し変更しました。 例年、150語程度の会話短文問題であることに変更はありません。 しかし2022年度までは適文補充形式でしたが、2023年度より語順整序と部分英作文に変更されました。 大問3、4から比べれば易しめの問題なので、大問2は全問正解を目指したいところです。...
石川県公立高校入試「理科」は例年大問6題、小問で約40題が出題されます。 物理、化学、生物、地学の4つの分野から幅広く知識が問われます。 記述問題も出題されますが、重要用語を問う基本的な問題も多く出題されます。 例年、平均点は50点前後になります。 入試が少しずつ近づくと、焦りから難しい問題ばかりに気が取られることがあります。...
ほとんどの受験生は入試過去問を解いて、入試対策を行います。 しかし、ただ過去問を解けばいいというものではありません。 過去問勉強で大切なのは「いつ」「どのように」するかです。 「いつ」過去問を勉強するべきか? 「入試直前」にすれば間に合うと考えている受験生はいませんか? はっきり言って、それでは遅すぎます。...
理科社会の大切な基本基礎は「用語力」です。 近年、高校入試では記述問題が増加したため、応用力や総合力が問われる傾向があります。 だからといって、普段の勉強でも難しい問題を多く解く必要はありません。 教科書の中で太字の「重要な用語」を一つひとつ覚えて、その用語の意味を理解して、しっかり説明できるようになることが大切です。...
高校入試にどれぐらいの英単語力が必要なのかご存知でしょうか? 新学習指導要領の導入により、中学3年間で学習する単語量は以前より増加しています。 教科書では以前には掲載されていなかった難しい英単語を見かけられます。 受験生は教科書にある英単語を入試のために、全て覚えなければならないのでしょうか? 答は「NO」です。...
中学3年生は2学期に入ると、いよいよ「受験生」としての自覚が出始める時期です。 そんな時期になると、毎年聞かれることがあります。 「受験生として毎日、何時間勉強しないとダメですか?」 答えは1つです。 受験生は「1日5時間勉強」です。 学校が終わり帰宅してから夕食までの2時間。 夕食と入浴後の3時間。...
いよいよ公立入試本番まで1カ月を切りました。 長かった受験勉強も最後のゴールまでラストスパートです。 この時期に大切なのは、「いつも通り」勉強することです。 今までの勉強の方法やペースを変えることなく、 特に新しいことや特別なことはする必要はありません。 今までやってきたテキストや問題集をもう一度やり直すもの効果的です。...
石川県公立高校入試の英語には例年、一番最後に条件英作文が出題されます。 英作文は受験生が最も苦手にする出題形式で、ほとんどの生徒は思うように得点できません。 条件英作文で得点するためのコツは3つあります。 ①できるだけ簡単な英文を書く...

さらに表示する